今年初の劇場観劇でした。世田パブ、シアタートラムへ。

本日はかかし座の公演を観に三軒茶屋にあるシアタートラムに行ってまいりました
ゆみ歌声友の会のカッキーさんとうえさんがぜひ劇場でかかし座を観たいとおっしゃってくださったので、ご一緒しました
わたしはこの作品に歌唱指導で関わっておりましたので、稽古場では通し稽古も観ましたが、
今年劇場に出向くのは、なんとこれが初でありました。

三茶は久しぶりでした。
ここで大道芸のフェスティバルが開かれ、わたしも参加させていただいていたのだなあと懐かしい想いでいっぱいになりました
三茶の街中で歌ったなあ・・・今年は大道芸のフェスも全滅なので大道芸人さんたちのことも気がかりです・・

 

新宿のライブハウスでのクラスターなどありましたため、劇場では神経質すぎるくらいの感染防止対策がとられていました
消毒、そしてモニターでできる検温。
座席は左右前後すべて1席以上あけたソーシャルディスタンス。
観客は当然マスク。スタッフ職員さんはフェイスガード。受付にはアクリル板ほか・・

かかし座のスタッフより、劇場の職員さんがピリピリしている感じがしました。
万一クラスターが出てしまったら今後の全ての演目、劇場の存続すら危なくなってしまうわけですから、致し方ないことです
ほんとうにご苦労が偲ばれます

 

さて、本番が始まりもう何度も見ているはずなのに、自分で予想した以上に感慨深いものがありました

なにより俳優の一つ一つの動きに感動した。

ああ、これは配信では得られないなあ、なんだろう?と思ったら、

やはり息吹きだな。
ということに気がつきました

そこに生身の人間がいて、
息吹いているのです

その息が伝わってくる(いまコロナの状況でこんなこと書くと叱られそうですが・・)

それが生の醍醐味です。

それが芝居の醍醐味。そして歌の醍醐味。芸術の醍醐味。
息なんだよなあ、やっぱり息なんだよなあ、
息吹なんだ・・・・

 

今日のかかし座の舞台は本当に素晴らしいものだった

まだまだ観劇どころでない、という意見もわかります。
わたし自身も迷いと悩みの中にいますから。
お誘いするのも気がひける。
乗り換えなしで行ける駅まで自家用車でご一緒して人との接触をなるべく避けて、
昼食もお客のいないお店を選んですませました

今日、お二人は「久しぶりに楽しかった!」と本当に喜んでくださった。

アートは心の薬であることを確信した1日でした。