ウタエマスク

緊急事態宣言で自粛が終わってもコロナは治らず、飛沫を飛ばす歌を生業としている私たちにとってはいよいよ深刻な事態となってきた

非常勤ではあれど、20年以上欠かすことなく常勤のように仕事としてやってきたコーラスの指導や老人ホームでの音楽指導の仕事は2月末からしばらく見合わせ。となりそれ以降いまだに見合わせである。もちろん給金は発生しない。

20年勤続の感謝状を一度だけ老人ホームからいただいたことがあった。
でもこのように緊急事態の不可抗力でも、保証というものは全くない。

そしていつ活動が始まるかわからないわけが、わたしの身体のスケジュールとしては開けておかざる得ない。

なかなか厳しい。

なんとか年内はしのごうと思うが、それを過ぎたら他の仕事をしないと生活が成り立たない

TVで病院の先生や保健所のかたが言っていたが、春からの統計でコロナにかかった人はほぼマスクをしていなかった人だそうだ。マスクを取った状況で(飲み食いとかカラオケとか)活動していたということがわかったそうだ

【三蜜でない距離とマスクと換気をしていればほぼ大丈夫】

そのような見解がでても、高齢者や高齢者を抱える施設は得体の知れないウィルスに恐れをなして、いまだに一切の活動を禁止している

わたしの立場から言うのはなかなか難しいが、さまざまな活動を禁止することによって老人の心と身体はかなり弱っている
コロナとの共存を政府もうたっているわけだし、終息は待っていてもこないので、クラスターが起きた施設。というレッテルを貼られたくないのはわかるけれども、なにか共存を考える方向で動いていかれることを願います

そういう私もかなりの運動不足であり、ここのところ夜にすこーーーしだけ走ったり、オンラインで10分ストレッチや10分筋トレをしている
脚がかなり弱っているのがわかる。。。。。これはまずい。
上半身は背骨と肉がくっついている感じだ。なので肺の周りの筋肉の動きが悪くなっている。これでは深い呼吸ができない。

仕事ができないで腐っていても、心配しても、今は仕方ないので
せめて人々のお役に立てるよう、YOUTUBEにせっせと動画をあげたりしている

笑いや面白おかしくを狙ったわけではないのだが、編集することとかに少しだけ才能があったようで、喜んでもらっているようで嬉しい。

どうぞ一度ご覧くださいね。

東京根生合唱団で話題になりましたがこのように安心して歌えるマスクが続々と出ていますよ。

施設のかたは、稼働できなかった月の私への給金が浮いていると思うのでこのような物を買う費用に当てて、みなさんにお配りして活動を再開されてはいかがでしょうか。

きれいな色だし皆さん喜ぶと思う。

マスクの検証動画ですよ